12月13日の会

12月13日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年12月13日 (火曜日)
10時〜12時 (9時50分開場)

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申し込みを終了致します。


12月13日の会を終えて

今年最後の会も無事終わりました。
事前の申し込みの半分の参加人数になってしまいましたが、和やかに一年の終わりの会を締めくくることができました。
テレビ放映を見ての参加が4名で、私を含め6名でお話しました。
今回は珍しく結婚生活30年以上の人が5名と、40代の子育て世代が1名でした。
どの方も結婚当初から何かおかしいと感じながらも30年40年という長い年月が経ってしまい、何から話してよいのか分からない、ずっと誰にも分かってもらえなかったという共通の気持ちを吐き出すことができました。

結婚当初からということで、私も何か変だなと感じたことがいろいろありました。
ですが、それは私に直接に影響を与えるものではなく些細なことであったりしたので、見過ごしていたように思います。

結婚して間もない頃、夫と二人で私の実家に遊びに行ったときのことです。
実家の両親はいつも歓迎してくれてご馳走でもてなしてくれるのが常でした。
夫もことさら陽気そうな感じで明るくしゃべって、それに応えるようにしていました。
皆が寛いでいるときに何を思ったのか、彼は台所の冷蔵庫を勝手に開け
「わー、奥の方にお菓子がある、食べていい?」と言いました。
それは母が友人からもらった手作りケーキの残りの一切れだったようです。
私はものすごく恥ずかしい気持ちになりました。
母もムッとした感じで
「人の家の冷蔵庫を勝手に開けんといてよ。」と苦笑いしながらも言いました。
そのとき夫は
「いいですやん。もう家族なんやから。」と言いました。
彼は親しみを込めて言ったつもりなのかもしれないけど、それほど親しいわけではないのです。
私の家族に対して親切だったり思いやりを持ってくれることなど、結局一度もなかったのに、家族=自分の家と同じと考えたのでしょうか。

実家の両親は、いつだって私の夫のことを歓待し良くしてくれました。
ですが、実父が癌で急死したときも、私や私の家族に寄り添ってくれることなどなかった。
夫は妻の家でどのように振る舞うのか分からなかったのかもしれません。
それでお茶目な夫を演じていたのだと思うのです。
だからちぐはぐさが妙な印象を残してしまっていたのです。

夫も場になじむようにはどのように演じたらよいのか、場面場面でしんどかったと思います。
けれども微妙に狂う場にそぐわない不自然な言動が、人を不愉快にさせたり不信感を抱かせたりしてしまいます。
夫なりに社会に適応するために自然と学習していった人との接し方は、ある程度までは役に立つかもしれません。
だけど家族やパートナーには、それは役には立たない。
自分の傾向を知り自覚することは、人との関係でとても大切なことだと思います。
けれでも挫折の無い順風満帆な人生を送ってきたと自負している60歳半ばの夫には、自分の特性についての自覚は必要ないのでしょう。
そこが大いに問題であり私の悩みなのです。


スポンサーサイト

12月7日の会

12月7日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年12月7日 (水曜日)
10時〜12時 (9時50分開場)

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申し込みを終了致します。


12月7日の会を終えて

今回は14名の参加でした。
テレビであじさい会が紹介されたこともあって、参加申し込みが増えています。
いつもより人数が多かった為に、一人ずつの話す時間が自己紹介も含めて7分になってしまいました。
互いのことを知るには短かい時間でしたが、後のランチ会では盛り上がって話せました。

たくさんの妻たちが誰にも分かってもらえず、一人で苦しんでいるということに胸を痛めます。
とくに若くて人生で一番充実して美しく輝いているはずの世代の人達が苦しんでいるのを見るのは、私もとても辛いです。
昔の自分を思い出して、切ない気持ちになります。
私もかつては傍目から見たら、幸せそうな家族に見えたことでしょう。
実際そのように信じ振る舞っていました。
でもいつも心が満たされず得体のしれない哀しみが同居していたのも確かです。
言葉を交わしているはずなのに、気持ちの共有ができないという分けのわからない居心地の悪さを人に説明することができませんでした。
あの頃、大人の発達障がいという知識があったら、今の自分は少し違っていたかもしれません。
どうか若い人達が、これ以上自分を苦しめたり傷つけたりしないようにと願っています。
若い人達も、そして私を含む年齢を重ねた人達も自分本来の感覚や感性を取り戻し、振り回されないようにしましょうね。






11月24日の会

11月24日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年11月24日 (木曜日)
10時〜12時 (9時50分開場)

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申し込みを終了致します。



11月24日の会を終えて

予定では13名の参加だったのですが、キャンセルが相次ぎ6名になりました。
キャンセルが全然ない時もあるので、会を運営する者としては参加人数の把握は難しいところです。
多人数だと自分の話す時間は減るけれど、色々な方のお話が聞けて参考になります。
少人数だと心にたまっている言葉を吐き出すことができ、自分の気持ちと向き合えます。
どちらであっても得るところがあるので、毎回の一期一会を楽しみにしています。

あじさい会が開催された24日に関西テレビのニュース番組で「カサンドラ症候群」が取り上げられました。
事前に私の方にも取材があり、番組の中でも「自助会あじさい会」を紹介していただきました。
医学用語ではない「カサンドラ症候群」という言葉が、このように広く社会に知れ渡り受け入れてもらえるようになったことに驚きを感じています。
放映直後からブログへのアクセス数がどんどん増えて、テレビの影響力を実感しました。
「パートナーと心が通じ合えない」とはどういうことか、その経験のない人には想像するのは難しいでしょう。
でもテレビを見て、「ひょっとして悩んでいるあの人はそうかもしれない」と思ってくれる人が増えるだけで、ずいぶん私たちは救われます。

先日、定年退職した夫と二人暮らしの友人が「夫とうまくいかない。喧嘩をしてしまい、ここしばらく口を聞いていない」と悩んでいました。
家庭の中の重い空気が彼女の顔にも声にも表れて沈んだ様子でした。
1週間後に会ったときに、私は心配してその後のことを尋ねてみました。
彼女は「夫も家の中で喋らないのはしんどいらしく、いつしか普通の会話はするようになったわ。だって美味しいものを一緒に食べて『美味しいね』と言えないのは寂しいものね。」
と苦笑いしながら話してくれました。
彼女の話を聞きながら、そうしたさりげない会話のやり取りが家庭でできない不自然さなんて普通の人には想像しにくいだろう、とあらためて感じたのでした。

話し手の意図が伝わらないがゆえに、返ってくる言葉が素気なかったり、無視だったり、あるいは怒り出したり、全く関係のないことを言ったりするので、夫の態度や言葉にとても傷つくのです。
私は夫がそうとは知らず、20数年ずっと違和感を覚え何か変だと思っていました。
それらのことはとても昔のことになってしまい、いつの間にか忘れています。
でも時々あれもそうだったなと思い出します。
そしてその時の出来事を自分なりに分析するようにしています。

息子が幼稚園児のとき、社宅に暮らしていました。
ある時、外で遊んでいた息子が「頭が痛い痛い」と頭を両手で抱えて大泣きしながら帰ってきました。
驚いて聞いてみると、同じ社宅の小学生が息子の頭をめがけてドッジボールを投げて遊んだというのです。
それはしてはいけないことで注意しなくては思い、すぐに社宅内で遊んでいた小学生のところに行きました。
「頭にドッジボールをぶつけるなんてしては駄目よ、危ない。」と注意したのです。
私はそれまで子供の喧嘩に口出ししたこともなく、よそ様の子供を叱ったこともなく、長い子育て中、後にも先にもそのときだけでした。

夫が会社から帰ってきて、その日の出来事を話しました。
夫はいつも通り聞いているのかいないのか分からない様子で新聞やテレビをチラチラみながら、私の話が終わるのを待っていました。
そして小学生を注意したところまで話し終えると
「自分が子供の頃、近所に息子を溺愛している母親がいて、子供のお尻にくっついて息子に悪さするよその子供をしょっちゅう叱り回っていた。家族みんなで、その母親をバカな親だと笑っていた。」
と言ったのです。
返ってきた言葉はそれだけ。それっきりでもう終わり、とばかりにテレビを眺めていました。
その時、私は唖然としたのでした。
それは私のことを子供の喧嘩に口をだすバカな母親だと責めているのか、と思ったからです。
ドッジボールを投げつけられた幼い息子のことを心配するひと言の言葉もなかった。
例をあげて客観的に私の行為を非難したのだと思い、言葉を失いました。

アスペルガーの特性をもつパートナーとの結婚生活とは、そのようなことの繰り返しです。
それは一事が万事なのです。
尻切れトンボの会話、何の着地点もない会話。何の解決策も見出そうとしない会話。
そうして感覚を失っていき、妻はカサンドラ症候群へと蝕まれていくのだと思う。

でも夫の事情を知った今は、それらの出来事を分析することができます。
夫は、よその子に虐められて子供が泣いてきた、よその子を母親が叱りに行った、という事実だけを読み取り、そういえば昔もこんなパターンがあったな、とふと頭によぎったことを口にしただけなのでしょう。
とても単純なパターンだけを思い出し、同じだなとひとくくりにしたのでしょう。

もちろん今では何一つ振り回されることもなく傷つくこともありません。
夫の特性を掴んでいるので、話してよいことと話さなくてよいことを区別しているからです。
話してよいことは、事務的な頼み事です。
話さなくてよいことは、自分の気持ちです。
それはやはり普通の人には理解し辛い関係だろうと想像しています。






11月3日の会

11月3日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年11月3日 (木曜日)
10時〜12時 (9時50分開場)

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申し込みを終了致します。



11月3日の会を終えて

仕事を持っている人も参加できるように、時々は祝日を選んで開催することにしています。
直前のキャンセルが重なり、今回は初参加の4名をお迎えし7名でお話しました。
会のはじめにはいつも自助会のルールをお話し確認することにしています。
毎回同じことを長々と繰り返しているので、つい早口で説明してしまいます。
ですが初めての方にとっては新しいことであるので、丁寧に分かるように話さないといけない。
今回一つの文言を忘れてしまいました。
「自分にとって聞きたくない話が出た場合は、退室してもらってかまいません。そのまま帰ってもよいし、しばらくして入室してもらってもよいし、全く自由です。ただ話される内容を止めることは主催者としてできません。」
他の人にとっては何でもない話でも、ある人にとっては自分の辛かった経験を思い起こさせることもあります。
そのことにも常に留意しないといけない、と改めて反省しました。

本日の会のあとテレビでカサンドラ症候群が取り上げられるとのことで、当事者としてのインタビューを受けました。
尋ねられるままに過去の出来事を思い出しながら話しました。
考えながら話すというより思いつくままにとりとめもなく話したのは、久しぶりだったような気がしました。
それは自助会で共感してもらいながら話すのとは、また少し違っていて、カウンセリングを受けているような心地よさでした。
自分がかつて抱えていた孤独な気持ちや感情を客観的に振り返ってみることができたのでした。
1時間半ほど話し、それを短く編集されるようですが、いったいどのようなものが出来上がるのでしょう。
一人で理由もわからず悩み苦しんでいる女性に届くことを祈っています。





10月27日の会

10月27日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年10月27日(木曜日)
10時〜12時 (9時50分開場)

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 701

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申し込みを終了致します。



10月27日の会を終えて

先週は至る所で金木犀が香っていたのに、今週はもう終わってしまいました。
一瞬の輝きのときは、あそこにもここにもたくさんの金木犀が植えられていたことを知ったのに、今では再び沈黙の木になってしまい、少し淋しい気持ちになりました。

今回は初めての方7名を迎え12名で開催することができました。
初めてではない方同士も会ったことがない場合がほとんどなので、毎回新しい顔ぶれでお話ができます。

夫との会話の数え切れない空回り、どんなに言葉を尽くしても受けとめてもらえない感情、話の内容の観点がズレていく居心地の悪さ等など、いくつもの積み重ねでようやく気づくことがどの人も同じです。
自分の話し方、問いかけ方が悪いのか、話す内容がつまらないのかと自分を責めて、やがては自信を無くしていく点も似通っています。
アスペルガーの特性を知って、こういうことだったのかと目の前がひらけ喜びにも似た気持ちの後、襲ってくる「これからどう接していけばよいのか?どのように生きていけば良いのか?」という絶望的な感覚、それも誰もが経験することです。

辛いですが、そこから新たなスタートです。
スタートの入り口に立ったばかりの人、少し前に進んでいる人、試行錯誤で自分の道を探っている人、さまざまです。
色々な方のお話を聞くことで、自分の心の声にも耳を傾ける機会となっています。
一期一会に近いお仲間会ですが、またお会いしましょう。








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR