3月11日の会

3月11日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年3月11日(金曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申込みを終了致します。


 
3月11日の会を終えて

初めて参加の5名をお迎えし、10名で会を催すことができました。
新聞記事を見て自分のことだと思われた方もいて、メディアの果たす役割の大きさを改めて感じます。
テレビでカサンドラ症候群という言葉が取り上げられるときも、問い合わせが多くなります。
このように広く知られるようになって、一人で悩み続ける人が少しでも減っていってほしいと願っています。

夫婦間の関係性について、通じ合えなくていつも気持ちが満たされなくて何かおかしいと気づきながらも、傍目には問題なく見えることでいつの間にか自分にもそれが当たり前のように信じ込もうとしてしまいます。
実の親からも、しっかり夫を支えて上手に家庭を切り盛りしていくように言われたりしたら、心が満たされないことを愚痴る自分は贅沢なのかと思ったりもします。
いつのまにか心も身体もボロボロになってカサンドラ症候群に陥って、ようやく辛い自分に気づくのです。

会話が成り立たないことに気づくのに、私の場合は25年もかかってしまいました…
自分の言い方が悪いのか、私の話はつまらないのか、夫が忙しくて疲れているのか、興味はあるけど口下手なだけなのか、などその時々で自分を責めたり諦めたり少し嫌な気分になったりしてきました。
でもまさか夫が私の気持ちを理解できない人だったとは、思いもしなかった。
相手の気持ちを察する、相手の感情に寄り添う、共感し合う、ということができない人がいるなんて想像もしなかった。
夫は温和な感じでいつも真面目に働いて家族を養ってくれて、私は幸せなようにみえる。
私も性別役割分担を引き受け、家族の形を作ってきた。
でも中身のない心のつながりのない温かみのない夫婦の関係は、たまらなく孤独でさみしいものです。
そのことを経験のない人に理解してもらうのは不可能ではないかと思うのです。
だからこのような自助会で、同じ経験の人が話をして互いを理解し合ってエンパワーメントすることは必要です。
通過点として利用してほしいものです。

3月11日は震災のあった日でした。
新聞でもテレビでも報道されるし、私もあの日のことを思い出し今でも解決していないたくさんの問題についていろいろと考えさせられる日でした。
夫はもちろんのこと、こうした社会で起きる出来事についても一切話しません。
感想も言いません。
あの震災があったときでさえ、ひと言の感想も言葉もなく淡々としたものでした。
「怖ろしい」「大変なことが起こっている」「これから日本はどうなるのか」
私は次々と不安が押し寄せ、また被災された方々のことにも胸がつぶれそうになり、他のことなど何も考えられない日々でした。
日本じゅうの人が皆同じ気持ちになって、心が一つになったかのように感じたあの震災の時でさえ、夫は何も話しませんでした。
私が話しかけても「あぁ」といういつもの曖昧な言葉が返ってくるだけでした。
ましてや震災から5年という報道に関しても、何もない。
どんなときだっていつでも会話が成り立たなかったけれど、やっぱり私は一緒に暮らしている人と、世の中で起こっている出来事について話をしてみたい。
叶わぬこととは知っているけれど、少し寂しい気持ちになるのです。




スポンサーサイト

2月24日の会

2月24日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2016年2月24日(水曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 701


<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください
アドレス記入される場合は、「非公開チェック」でお願いします。

<お知らせ>
 参加希望者数が予定を上回ってきましたので、申込みを終了致します。
 3月に訪ねてくださるよう、お願いします。



2月24日の会を終えて

事前申し込みは多かったのですが、欠席もあって初参加4名を迎え7名でお話をしました。
新聞記事を見て自助会を知ったという人から、「カサンドラ症候群」という言葉に出会い自助会にたどり着いたという人まで、さまざまでした。
何かおかしいと感じながらも自分の置かれていた状況は自分の個人的問題だ、と片付け胸におさめていた年月。
それが結婚生活の年数分積み重なっていること。
過去に自分が傷ついた出来事を一つ一つ視点を変えて、考え直す作業が必要です。

以前こちらで紹介した本「アスペルガーのパートナーと暮らすあなたへ」マクシーン・アストン著(スペクトラム出版社)を読みました。
アストン氏は英国在住のカウンセラーで、カップルのうちどちらかがアスペルガーである夫婦カウンセリングの専門家だそうです。アスペルガーのパートナ―に焦点を当てたいくつかのの本を出版しています。
「アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと」、「アスペルガーの愛―ASのパートナーと幸せに生きていくために」などがあります。
今回の「アスペルガーのパートナーと暮らすあなたへ」で、ようやく私たちの気持ちに近づいてきたなと感じました。
カサンドラ症候群に一度は陥った私たちが、今後どのように考えていけばよいのか参考にできる良書だなと思いました。

少しだけ言葉を拾ってみますと・・・

「本書の目的は、ASではないパートナーに希望を与え、AS者との関係を良好に保とうと努力する人々に、この症状を理解する手がかりと支援を提供することです」と、はじめの言葉にありました。
それだけでも励まされます。もちろん支援を受けるのは、私たちです。

「それまで自分たちはごくふつうの関係を築いていると思っていたのにそうではなかったと騙されたような気になったり、自分は初めから不可能だったことを達成しようと、それまで何年も無駄な努力をしてきたのか、と失望したりするでしょう。-----パートナーに怒りが向けられるかもしれません。しかしそれは、双方にとって非建設的で否定的な行為です。」

「2人のあいだには“もちつもたれつ”の関係が成立しません。互いになくてはならない存在だと感じるのでなく、ひたすら自分のほうがパートナーの要求を満たしているだけだ、と思うのです。」

「話を聞いてもらえない、認めてもらえない、という不満は、言葉で虐待されるのと同じくらいつらいものです」

「パートナーの考えていることを自分は分かっているとか、相手もこちらの考えていることがわかっているはずだと、思い込んでしまわないことが肝要です」

「自分のパートナーなら当然理解できるだろうとか、私の気持ちをわかってくれている、と推測するのはやめましょう。たとえお互いがどんなに親しくても、ASのパートナーがあなたの考えを理解していると期待するのは、目の見えない人になんのヒントも与えず、あなたが手に持っているものを当てなさい、と言っているようなものです。ASのパートナーは心が読めないので、表情や身体言語からあなたの伝えようとしていることが本能的にわかる、というわけではないのです。」

「ASのパートナーが何をすべきか、何を言えばいいのかよく理解できるよう、あなたはわかりきっていると思われることもきちんと伝え、いつも明快で正確なメッセージを発する必要があります。」

「あなたのパートナーがどんな思いやりも感謝も示すことができないとわかったならば、あなたはその種の情緒的サポートを別のルートから得る努力をしなければならないかもしれません。」

「共感能力の欠如は、2人の関係において、ASでないパートナーがどれほどの時間をかけ、努力をし、犠牲を払っても、AS者にはそれが理解されたり感謝されたりすることがない、ということを意味する」

「なるべくストレスのない状態で関係を長く続かせるためには、現実的な視点を失わず、相手にできないことを求めようとしないようにしましょう。あなたのパートナーは自分のもっていないものは与えられないのです。しかし、あなたを守り、気にかけ、心配し、また自分に求められていることがわかっているときは、慰めをあたえてくれることもできます。」


ざっと気になった言葉だけを拾ってみましたが、全体的に私のことだなーと共感できました。
この薄い本を読み終えて、ようやくこのように言い切れるまでアストン氏も時代の流れと時間が必要だったのかな、と感じました。
一つだけ気になるのは、アストン氏は女性でかつてアスペルガーの男性と結婚していたのに、今は離婚されていることです。
これらの研究がご自分の結婚生活に生かせていたら、もっと説得力があるように思うのですが…
それでもカサンドラに悩む女性には良書だとお勧めできます。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR