fc2ブログ

9月5日の会

9月5日あじさい会

<参加条件>

夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる女性
(申し訳ありませんが、お子様連れはお断りしています)

<日時>

・2023年 9月5日 (火曜日)
・9時30分~11時50分 (9時20分開場)

はじめに自助会ルールの説明をするので、遅れないようにお願いします。

<場所>

・大阪市青少年センター ココプラザ
(大阪市東淀川区東中島1-13-13)
・会議室 803

<会費>

600円

参加ご希望の方は、「コメント」からご連絡ください。
「名前」はハンドルネーム
「メールアドレス」は必ずご記入ください。
「公開設定」は、スマホでは≪管理人への秘密コメント≫を、PCからは≪非公開コメント≫をクリックしてください。
こちらからの返信を受け取られて、ようやく参加決定となります。


会を終えて

9月になっても猛暑が続いています。
秋が待ち遠しいです。危険な酷暑の夏が長すぎる...

初参加の3名を迎え5名の方が集まりました。
世代は違えども、夫とのやり取りの違和感が同じで、頷くことばかりの連続でした。

妻がトラブルに巻き込まれたとしても、けっして味方にはついてくれない。
妻のために、あるいは子供の名誉のために抗議してくれることなど絶対に望めません。
他人事だと言わんばかりの夫の態度に、妻はさらに深く傷つきます。
悲しみや辛い気持ちに寄り添ってくれることは、無いのです。
普通の感覚の人がそのことを知れば、「家族なのに、そんなことはあり得ない」と言うでしょう。
「夫さんは心配しているけど、口下手なだけかもよ」などと慰めてくれるかもしれません。
無口とか口下手とか愛情表現が下手とか、そんな言葉では説明できない大きな違和感。
そう感じる自分を正しいと信じて欲しいです。

私はいくつも重なる違和感を見ないように感じないようにしながら、25年もの月日を過ごしてしまいました。
そのことに気付いた時に、自分の不甲斐なさを悔いて涙ばかりがこぼれました。
「自分の人生っていったい何だったんだろう。必死に築いてきたはずの家族なのに、何もなかった」という絶望感のようなものが押し寄せました。
それから10数年の紆余曲折を経て、今があります。
理想とする家族像をすっかり捨てて、自分中心にわがままに生きられるようになりました。
あじさい会に参加してくだった方々もどうか、自分のための人生を歩んでいけるよう心から願っています。
自助会に参加してみようと思った時点で、すでに何かを変えようと歩み始めているのです。
明るく笑って過ごせる時間が少しずつ増えていきますように!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR