fc2ブログ

3月18日の会

3月18日あじさい会

<参加条件>

夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる女性
(申し訳ありませんが、お子様連れはお断りしています)

<日時>

・2024年 3月18日 (月曜日)
・9時30分~11時50分 (9時20分開場)

はじめに自助会ルールの説明をするので、遅れないようにお願いします。

<場所>

・大阪市青少年センター ココプラザ
(大阪市東淀川区東中島1-13-13)
・会議室 803

<会費>

600円


参加ご希望の方は、「コメント」からご連絡ください。
「名前」はハンドルネーム
「メールアドレス」は必ずご記入ください。
「公開設定」は、スマホでは≪管理人への秘密コメント≫を、PCからは≪非公開コメント≫をクリックしてください。
こちらからの返信を受け取られて、ようやく参加決定となります。

会を終えて

今回は2名だけの参加でした。
主宰者も交え3人で、これまで感じてきた日頃の違和感について、いろいろと話すことができました。
それぞれの方のエピソードは違えど、そこに共通しているのは、妻の意図を全く感じ取ってくれないことです。
さりげない日常会話ができない、妻が話をしているのに全く関係のないことをポロリと言う。
更に場合によっては、話の内容そのものを否定する、妻の人格を否定する。
どうして穏やかで優しい気持ちのやり取りができないのか、と悩み落ち込んだ気分になる、などなど。
以前の悶々と辛い気持ちでいた自分を思い出しました。

今の私は夫の特性をじっくり見定めて、自分が落胆しないように夫と接しています。
同居はしていますが、顔を合わせないように別々の部屋で過ごしています。
食事もコロナを機に、一緒に食べないことにしました。
基本的には、家族として必要なことを事務的に伝えあってはいるので、さして困ることはありません。
「報連相」という言葉の報告と連絡だけはしているのです。
夫に相談はできないので、ほぼ全てのことを私が決めています。
夫はそれに納得しているのかどうか分かりませんが、夫に相談してまともに問題解決に向けて話し合えたためしがないので、仕方ありません。
夫を蔑ろにしているようで悩んでいた時期もありましたが、いずれにしても家族には無関心なので、彼にとってはあらかじめ決まっている方がラクだろうと考えています。

私の場合は、そのようなやり方で夫とは平和な関係を保てるようになりました。
しかしながら寂しさも感じます、家の中でお喋りする人がいないから。
日常の些細な喜びを伝えたり分かち合う人がいません。
自分の寂しさや孤独は、自分で埋めるほかありません。
内向きにならないように、常に前へ前へと進む積極性を身につけることができました。
夫のおかげだ、と時どき思うのです。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR