fc2ブログ

4月12日の会

4月12日あじさい会

<参加条件>

夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる女性
(申し訳ありませんが、お子様連れはお断りしています)

<日時>

・2024年 4月12日 (金曜日)
・9時30分~11時50分 (9時20分開場)

はじめに自助会ルールの説明をするので、遅れないようにお願いします。

<場所>

・大阪市青少年センター ココプラザ
(大阪市東淀川区東中島1-13-13)
・会議室 803

<会費>

600円

参加ご希望の方は、「コメント」からご連絡ください。
「名前」はハンドルネーム
「メールアドレス」は必ずご記入ください。
「公開設定」は、スマホでは≪管理人への秘密コメント≫を、PCからは≪非公開コメント≫をクリックしてください。
こちらからの返信を受け取られて、ようやく参加決定となります。

会を終えて

桜の開花が一気に進み、今はもう葉桜になってしまいました。
お花見の季節は、あっという間ですね。
いつも近所の桜並木を一人で歩きます。
夫婦連れや家族連れの人たちが、桜のもとで談笑しているのを見るにつけ、私にはなかったなぁ、と少しだけ寂しさがよぎります。

今回は3名の方が参加され、4名でお話しました。
若い方1名と、私を含め高齢者とよばれる3名です。

桜の季節、それぞれの方の桜にまつわる思い出はいろいろあるでしょう。
高校生のころ、大好きだった祖母が亡くなりました。
お骨上げを待っているとき、見事な満開の桜と青い空が目に入りました。
人々の喪服と桜と青空、祖母が亡くなったのは春だったのだと思い出します。
友人が不治の病になり、来年も桜を見れるだろうか、と呟いたこと。
合格通知を受けとった春に、高揚した気分で母と桜並木を散歩したこと、などなど。
あの時に桜が咲いていた、という人生の折々の出来事と重なります。
来し方をしみじみと思い出しながら、桜を愛でることができます。

息子が小学校に入学した日は、桜が満開でした。
息子の成長の喜びを桜も祝ってくれているようで、私は胸がいっぱいになり涙がこぼれそうでした。
一緒に式に参加した夫と緊張気味の息子を 大きな満開の桜の木の下で写真を撮りました。
そこに写った夫の顔に、長いあいだ違和感をおぼえていました。
何の感動もなく笑顔もなく証明写真のような表情のない顔。
桜の季節になると、その写真をいつも思い出すのです。
「なんで写真なんか撮るの?」と言いたげが不満そうな表情。
些細なことかもしれませんが、こういった日常の連続した積み重ねが、カサンドラ症候群の悲しさだと思いました。

5月はお休みして、リフレッシュ休暇にしようと思っています。
6月からまたよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おくちゃん様

4/12の参加申込みをお受けしました。
こちらからのメールが届かなかったようなので、コメント欄からお返事しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おくちゃん様

昨日コメントに対するメールを送りましたが、やはりまた返送されてきました…
またのご参加をお待ちしています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR