9月24日の会

9月24日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2015年9月24日(木曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください。


9月24日の会を終えて

今回は初参加の方2名を含めて8名の会を開くことができました。
本来なら楽しいはずの家族のシルバーウィーク5連休。
皆さんはどのように過ごされましたか?

家族は仲良し、みんな笑顔、楽しい語らい 等々。
誰がそんなふうに決めつけて言うのだろうか、と時々疑問に感じます。
そんなふうに均一の家族像をはめてしまえば、人は深く考えないで済みます。
あじさい会に集まる妻たちも(もちろん私も)そのようにありたいと願い、家族を築いてきたはずです。
どんな努力をしてみても、なかなか心から解放される時間を夫ともつことができない。
それでも子供たちのために懸命に演出して人並みな家族の時間を作りだしてきたのではないでしょうか?
でもその努力も限界があるのです。
何をしても報われなくて次第にカサンドラ症候群に陥っていくというのが、私たちの共通しているところではないでしょうか。

私は自分のことで最近気づいたことがあります。
夫とは家族の問題について話し合うことができなかったから、結婚当初から実家の母を相手によくおしゃべりしていました。
夫は仕事に忙しくしているので家庭内のことは私が解決すればいい、と全面的に引き受けることに疑問を持たなかったのです。
子どものことの相談から親戚のことや家のことその他諸々のことを、本来は夫婦で話し合うべきなのに夫は私に丸投げだったから、実家の母に家族のことを聞いてもらいつつ解決していました。
誰かと気持ちを共有したかったし、誰かに私のことを理解してほしかった。
しかしそれは、母娘の共依存と言われるものだったのでしょう。
長い年月の不自然な母娘の関係は、いつのまにか母が私を支配するというものに変わっていました。
夫とのことで悩み、母との関係でも悩み、また子ども達に楽しい家族を演出してしまったことでも自分の首を絞め、何年間かは辛い時期を過ごしました。
夫と家族のできごとについて互いの気持ちを共有できていたら、母に頼り過ぎてその関係を崩すことはなかったのではないかと思うのです。
あるいはアスペルガーという傾向を知っていれば、得体のしれない不安を無駄に抱えることはなかったのではないか、母に愚痴をこぼすことなく自分で対処法を考えることができたのではないか、などと考えてしまうのです。
過ぎたことを悔やんではいけませんね。
これから修正していけばよいのです。
気づいた時がスタート地点ですから。

今は夫とも実母とも子供たちとも距離をとることで自分を保っています。
唯一の家族である人達と距離をとるのは本意ではないけれど、そうすることでしか自分を守れないので仕方ありません。
「家族」から解放されると、自分の新しい世界が広がるのを感じます。
子育て世代で時間に余裕のない方でも、少しずつ準備ができます。
自分の人生は自分だけのもの。
自分の気持ちが喜ぶ自分だけのものを大切にしていきましょうね。

9月7日の会

9月7日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2015年9月7日(月曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください。


9月7日の会を終えて

夏休み明けのせいか、子育て世代の参加が多かったように思います。
初参加5名をお迎えし、10名で話をすることができました。

会の進行は自己紹介で一巡したあと、お一人ずつ話していただきます。
今回は自己紹介に3分×10、一人ずつのお話に6分×10としました。
自分の時間は、9分だけです。とても9分で自分の長年の悩みを話せませんよね。
ですが、参加人数が多いと人の話の中に自分を見つけることがあり、あたかもそれを吐き出したような気持ちになれます。
12時に会を終えたのち、場所を変えてランチを兼ねた2次会となり、昨日は延々と15時までお喋りしました。
帰り道ではそれぞれの方の歩んでこられた人生に思いを馳せ自分の今後の生き方を確認しつつ、新たな気持ちで家にたどり着くことができます。

参加された方の話の中で、思い出すことがありました。
10年ほど前、大きくなっていた3人の子供たちと離れて、私は夫の赴任先に引っ越ししました。
新婚以来の夫との二人暮らしが始まったのです。
友達もいない遠く離れた土地で、私は夫と仲良く暮らしていきたいと強く願っていました。
けれども会話がかみ合わない、共感に乏しい、家族に無関心、などという薄々感じていた夫の事実を直視せざるを得なくなり、私は次第にうつ症状に陥っていきました。

夫の話がどんなに一方的でも、私はいつも頷きながら相槌をうち、お話を促すように聞いていました。
「うん、それでどうしたの?」「それは面白いね、良かったね。」「へぇ~そんなこともあるんだ。」「なるほどねぇ~」などなど。
ところが私の話には頷くどころか、早く切り上げろとばかりに表情も変えず相槌も打たず、欠伸をしきりにしたり話の途中で席を立ったり…そればかりか打ち切るように私の感情を否定するような発言をされました。
自分の気持ちを聞いてもらいたくて話し始めても、言わなければよかったという不快な気分になるのです。

それで、あるとき実験しようと思い付きました。
夫が話すとき、私は夫と同じ態度を取ろうと思ったのです。
共感しながら聞いてもらえない不快さを感じ取って、反省を促そうと考えたのです。
夫は一方的に得意そうに話すのが好きなのですが、それについては興味ないとばかりに
「ふうん」とだけしか反応しないことにしたのです。
面白いことに、共感しながら話を促してくれる聞き手がいないことには、一方的な話でも話しにくいようでした。
相槌うって合いの手を入れてもらわなければ、彼も話し続けられないのです。
壁に向かっては喋れないということです。

そうして夫婦の会話はなくなりました。
私たちが夫婦の会話と思っていたのは、夫の一方的な話を私が受けとめるだけのものだったのです。
私は彼が
「どうして、そんな不機嫌な興味なさそうな態度で聞くんだ」
と話を切り出してくるのを待ちました。感じが悪い、と怒るに違いないと信じて疑いませんでした
それが作戦だったからです。そのときに私は
「ほらね、人の話に相槌を打たないって話しにくいものでしょう。あなたの聞く姿勢を真似しただけだよ。嫌でしょ。だから注意してね。」
その言葉を用意して、ずっと今か今かと待ち続けましたが、彼は私に話すのをやめただけで、私に理由を尋ねることはしませんでした。
それからズルズルと夫婦の会話がなくなって現在に至るのです。もう何年も経っています。

ぞの実験と合わせて、もう一つの試みもしていました。
それは私が話をするとき、途中でぷっつりやめて反応を観察することでした。
私の話を聞いているかどうか確かめたかったのです。
大きな話の流れの途中で、結果や結論もなく話をやめるというのはとても奇妙なものです。
ところが、彼は一度も
「えっ、それでどうなったの?」「結局、どうすることにしたの?」などと質問することはついぞありませんでした。
ぷっつり切れたままの話を何事もなかったかのように、淡々と知らん顔のままでした。
それで、態度だけではなくて本当に関心がなくて聞いていないのだな、と確信したのです。

当時はアスペルガー症候群という存在も知りませんでした。
夫の話を聞いてあげないということに、私は長いあいだ罪悪感を持ち続けました。
なんて非情な人間なのだろうと自分を責めながらも、どうしてもできなかったのです。

ところが今では罪悪感はありません。自分を守るためには仕方ないと割り切っています。
彼の思い描く夫婦像でもなく、私の理想とする夫婦像でもなく、一人一人として分けてしまえばよかったのです。
それは子ども達がそれぞれに独立して残りの人生も短い世代だからこそ、できることかもしれません。

一緒に暮らしながらも互いに全く干渉せずに、それぞれ別の方向を向いて生きる。
子供さんを育てておられる若い世代に、お勧めできる生き方ではないでしょう。
孤独で寂しすぎます。
若い子育て世代の方たちが明るく前向きに希望をもって未来に向かっていけるように、このような自助会を通して何らかのお手伝いができれば本望だなと考えています。






8月27日の会

8月27日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2015年8月27日(木曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 701

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください。



8月27日の会を終えて

今回は初参加の方ばかりの5名で会を開くことができました。
初参加の方ばかりというのは、あじさい会第一回目以来です。
それでも互いの経験が似ていて、悩みが手に取るように分かり、初対面同士の5名でしたが、気持ちを通わせることができます。
会の終わりやランチの時には、互いを尊重しつつも打ち解けた雰囲気で別れがたい気さえしました。

生活を共にする夫とは気持ちが通じ合えないのに、こうして初対面同士でも互いに思いやりや優しさを持てる。
それほど難しいはずではないだろうに、それを夫から感じ取ることができない苦しみを改めて思いました。
人は、人からの優しさや温かさや励ましあってこそ生きるエネルギーをもらえます。少なくとも私はそれが必要でした。
長い結婚生活、夫は真面目に会社で働き家族を養ってくれました。
そのことに感謝しつつも、心が通じ合えない何とも表現しようのない悩みを常に抱えていました。
表面的には不自由ない暮らしがあるのに、心が満たされないと文句を言うなんて贅沢なことだと自分に言い聞かせていたのです。
言い聞かせながらも心の奥底では分かりあいたい、と欲していたので辛かった。
夫が典型的なアスペルガー症候群だと知ったときから、私は夫に期待することをやめました。
そうして次第に、自分で自分を縛っていたしがらみから解放されて、楽な気持ちになっていきました。
知らなかったとはいえ、自分一人で空回りを何十年も続け、へとへとに疲れていたのです。

先日 「一緒にいてもひとり アスペルガーの結婚がうまくいくために」 を読みました。
この本のタイトルを数年前に知ったとき、自分のことを言い当てている、と泣けてきて仕方がありませんでした。
その後、2回ほど読みかけては私の場合とは違う、参考にはならない、と最後まで読むことができませんでした。
大きな違いは、著者である妻が理不尽なひどい言葉をかけられたり、信じられないような心無い行動で傷つけられても夫を深く愛していることでした。
もう一つは、夫が診断を受けてから自分の特性を知り、自分の言動が他人に与える影響について考え、妻の助言も得て努力していることでした。
以前読もうとしたときは、そんなきれいごとで上手くいくはずがないなどと反発心がもたげたのですが、今回は最後まで読むことができました。
それは自分の心に余裕ができたせいなのだと解釈しています。
まずは本人の自覚、アスペルガーの傾向がある自分と向き合うことから夫婦の再生は可能である、とこの本は示してくれます。
そこから夫婦の新しい関係を築き上げることができます。
本人の自覚がない場合は……
妻は自分だけの第一歩を踏み出す以外に方法はないのではないでしょうか。

「一緒にいてもひとり」は7/21に第4刷発行されました。
本の自助会欄に当会も紹介されています。


8月7日の会

8月7日あじさい会

<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2015年8月7日(金曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 701

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください。

8月7日の会を終えて

夏休みと猛暑のせいか、少人数の6名でこじんまりと会を催すことができました。
いくら夫がアスペルガーかもしれないと思って会に参加しても、それぞれの家庭の事情が異なりご本人の性格も生き方も異なり、妻側の悩みや困っていることも多岐にわたるといつも感じます。
ただ一つ言えるとしたら「自分を責めないで、自分の嫌な気持ちをうやむやにしないで、自分の身体と心を大切にしましょうね」と参加者どうし互いに確認し合うことでしょうか。
カサンドラに陥って自分の心身を傷つけることのないようにしたいものです。
こうした自助会は、一人で悩んでいてはズルズルと混とんとした深みに入っていくのを仲間どうしが助け合って踏みとどめるためにあるのだと改めて感じています。

会ではよく「皆さん、どのように工夫されてるのだろう?」という言葉を聞きます。
私の場合は、夫と距離をおくようにしています。会話が成り立たないので、自分の感情を話さないようにしています。
話しても全く反応がなかったり、またはひどくけなされたり、話している内容と全然違う返事だったり、または欠伸をしたりで、話さなければ良かったと思うことばかりです。
それでもうっかり話してしまうこともあるのです。

先日、玄関先に大事に育てていたバジルが青々とたくましく育ち強い香りを放つようになったので、それを使って夕飯にニンニクとトマトとバジルのあっさりスパゲッティを作りました。
摘みたてのバジルをふんだんに使い完熟トマトを刻んで、我ながら美味しくできたのです。
普段なら何も言葉を交わさずに夕飯を食べるのですが、その日はつい嬉しくて
「このバジルね、玄関先のプランターで育てた摘みたてよ。香りが強くて美味しいね。」と言ってしまいました。
夫はただ一言 「塩辛いな」 と発しただけでした。
その時、私は「これだな」と思ったのです。腹が立つことも全然ありませんでした。
「来たな、やっぱりだな」って感じです。本当に教科書通りの反応です。
夫には、私の自分が育てたバジルを食べることが嬉しい気持ち、思いのほか美味にできて嬉しいという気持ちは伝わらなかったのでしょう。
自分の気持ちを察してほしい、同じように共感してほしい、と期待してはいけないことをうっかり忘れていたのです。

あじさい会の後のランチでこの一件を話すと、夫の言葉に皆さん一斉に笑ってくれました。
他の人だったら「どうしてご主人はみいこさんの気持ちに応えなかったの?何か機嫌が悪かったの?」と怪訝に思うかもしれません。
でもあじさい会に集まる人たちは、夫の反応を瞬時に想像して笑ってくれるので、自分が「やっぱり」と感じた気持ちを確かめることができます。

夫に悪気はないのです。夫への接し方を変えて自分を守ること。夫の事情を受け止め、自分が振り回されないようにする。世間の常識に惑わされずに、「自分は自分」を貫く。
これらを実行するようにして、ようやく最近「私」を取り戻しつつあるように感じています。



7月22日の会

7月22日あじさい会


<参加資格>
夫がアスペルガーもしくはアスペルガーかもしれないと悩んでいる妻

<日時>
2015年7月22日(水曜日)
10時〜12時

<場所>
大阪市立青少年センター ココプラザ (大阪市東淀川区東中島1-13-13)
http://kokoplaza.net/access.html
会議室 803

<会費>
初めての方 500円、2回目の方 300円

参加ご希望の方はコメントにてご連絡ください。


7月22日の会を終えて

初参加の方5名を迎え8名で会を開くことができました。
初めて会を訪ねられる方が多いと、会は少し緊張した空気になります。
会を運営する者として、皆さんが和らいだ気持ちになれるような雰囲気を作ることも大事なことだと感じました。

一年前に始めたあじさい会も22回を重ねることができました。
そして参加延べ人数が、192名‼
どの会にも参加した私に、大きな変化が生じてきたと最近感じています。
それは自分の目標だった「夫と話す」ことができ始めているのです。
しかも自然に。気持ちのわだかまりが全然なくて。
そうすることができればどれほど楽な気持ちで暮らせるかと願っていたのですが、ようやく少しずつではありますが、実現できそうな気配を感じています。

いつも賑やかだった3人の子供たちと離れて暮らすようになってから、夫と二人だけでは会話が全く成り立たないことに気づきました。
夫と二人で仲良く助け合って充実した楽しい生活を送りたいと思っていましたが、仲良くどころか話がかみ合わなくて、接点を一つも見出すことができなくて、感じることが全然違っていて、夫といると孤独感が増すばかりでした。まさに「一緒にいても一人」の状態でした。
当時はうつ病寸前の状態で、毎日涙ばかりがこぼれ、人生を大きく誤ったような絶望的な気持ちで、これからどうすればよいのだろうと真っ暗なトンネルに一人ぼっちでいるような気分だった。
誰にも話せなかった。
たとえ話したとしても夫の奇妙さをどのように説明すればよいのかさっぱり分かりませんでした。

それから私は自分の結婚生活を振り返る作業を始めたのです。
長い結婚生活で疑問に感じていた夫の言動を思い起こす作業を始めたのです。
それは長い長い作業でした。自分の気持ちを封印してきた数々の事柄を思い出し、書き始めたのです。
振り返ってみると、夫はとても場違いな発言をして人を傷つけたり、思いやりの欠けらもない態度をとったり、どうしても感謝が必要な場面で無視したり、等々。
自分だけの為の長いレポートを書き終えたとき、そこに共通するのは「感情がない」という発見でした。
でもまだアスペルガーという言葉に出会っていなかったので、夫の性格だと思っていました。

アスペルガー症候群を知ったとき、そしてカサンドラ症候群という言葉を知ったとき、喜びで飛び上がりそうになりました。
ずっと一人で抱えてきた問題にはちゃんと名前があり、同じように悩んでいる人達がいることを知って本当に安堵したものです。
ちょうど大人の発達障がいの本も多く出版され始めた頃で読み漁りました。今の自分に何か役に立つものはないだろうかと当時は必死だった。
けれども調べれば調べるほど、発達障がいの人は変わることがないので、周りの人が家族が特性を理解し支援しましょうというものだった。
それには絶句してしまいました。
夫がそうとは知らずに、長い年月ずっと支援し続けてきたのです。
何か変だと感じつつも夫をたてて盛り上げ流してきた結果、妻はボロボロになっているのです。
これ以上、どんな支援をしろというのだろうかと思った。
話しかけても相槌を打たない、ほとんど無視の状態。家族の問題に全く無関心。相談に乗ってもらったことがない。話し合おうとすると黙るばかり。大事な場面で想像もつかない場違いな発言をする。
妻や子供がどのようなことに興味をもちどのようなことを考えているかなど、全く興味ないし聞かない。家族の過去のこと将来のことを話し合えない。自分のことばかり話す。
数え上げたらきりがないくらいに、満たされない気持ちであったり、傷ついたり、寂しい思いを重ねてきてしまいました。
これ以上、どんな支援をしなさいというのだろうかと思った。

頭ではアスペルガーの特性を十分に理解しているのです。
ですが、家族として感情の面でそれをクリアすることは難しかった。
ところが、ようやくここにきて私は夫を受け入れることができ始めたと感じています。
それはセルフヘルプグループのもつ働きに依るところが大きいと思っています。
会で何度も 「夫には悪気がない」「人の感情を理解しづらいゆえの言動」「目に見える現象だと分かり易い」「あいまいな言葉は分かりづらい」「相手の立場で考えることが難しい」「自分の感情を分かってほしいというのは難しい」「夫と気持ちを共有・共感することは難しい」などと発言した結果、私はようやく自分の身体にそのことが浸透してきたように感じるのです。

だから「夫と話ができるようになった」とは言っても、彼が反応することを話すだけです。
以前は夫に対してドロドロした感情が渦巻き、冷静ではいられなかった。
話すことが苦痛だったし、言葉を交わさなければないで罪悪感に苛まされて苦しかった。
それが今ではそこも通過してストンと抜けたような清々しささえも感じられるのです。
私もようやく家族として支援できる心境になったということかもしれません。

今回は長いコメントになってしまいました。
それぞれの方の悩みは一朝一夕に解決するものではないでしょう。
また人によってその方法はさまざまだろうと思います。
一人で悩んでいるより、同じ悩みのいろいろな方と話し参考にして、自分に生かすことのできる場をこれからも提供したいと考えています。
気軽な気持ちで何回でもどうぞ訪ねてみて下さい。
メンバーがいつも変わりますので、自分にとって何かを得られるかどうかはそのとき次第ですが、きっといつかは自分へのメッセージを与えてくれる人との出会いがあると考えています。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR